YOTSU
KATAKORI
LABO腰痛・肩こりラボ

HOME - 腰痛・肩こりラボ - 腰痛が治らないたった1つの理由

腰痛が治らないたった1つの理由

公開日 2021.07.21
最終更新日 2021.07.21 
カテゴリー:腰痛

腰痛の8割は原因不明「腰痛ってそもそも何?」

今回は腰痛が治らないたった一つの理由についてご説明します。

厚生労働省による国民生活基礎調査(*1)では、30年間、腰痛は有訴者率1位の座を保ち続けており、その数は40歳以上で2,770万人(*2)いると言われています。(*1 厚生労働省が2年に一度行う調査 *2 東京大学研究グループ調べ)

このデータから分かるように、腰痛は日本人にとって国民病ともいえるほど多くの人を悩ませています

しかし、実は医療がこれだけ発展した今でも、腰痛の8割以上が原因が絞れていません。こういう診断法と治療法に統一した見解が出せていない腰痛を非特異性腰痛といいます。

一方で、診断法が確立し、治療法が存在する腰痛を特異性腰痛といいます。例えば「椎間板ヘルニア」や「脊柱狭窄症」などが代表例ですね。医師の診察や画像の検査(X 線やMRIなど)によって、腰痛の原因を特定することができるため、何らかの治療を行うことができます。

ここで重要なのは、腰痛患者の8割は画像の検査(X 線やMRIなど)をしても、本人が痛みを自覚しているにもかかわらず、特に異常がないという状態が出てしまうということです。

さらにややこしいのは、画像検査をして異常が見つかっても、本人の痛みがないこともあります。こうなってくると医師でさえ「腰痛とは何なのか?」「腰痛を根本改善するにはどうしたら良いのか?」と聞かれると、正直かなり迷ってしまうところがあると思います。

それくらい腰痛というのは国民病でありながらも、意外と解き明かされてないブラックボックスです。そこで今回は、そんな腰痛の原因を医学的な専門知識というより、誰でもわかるようにお話ししたいと思います。

腰痛持ちの大人と子どもの違い「腰痛はどんなメカニズムで起こる?」

腰痛は背骨の下部を示す腰椎や、その周辺の筋群で生じることが多いです。

ここで、ちょっと背骨を想像してほしいと思います。あまり生活の中で背骨を浮思い浮かべることはないと思いますが、なんとなくでも形のイメージがつくでしょうか。

簡単に言うと、背骨はだるま落としのだるまの一つ一つの台が重なってるような形をしています。背骨は、椎体という骨が多数重なってできています。ここで重要となるのが、肘の関節や手首の関節と同じように、背骨は全て関節であるということ。背骨も、屈曲・伸展・回旋を(手の関節ほど大きくはないにしても)するのです。

背骨についての知識を踏まえたうえで、腰痛から最も縁遠い存在である子どもの背骨を考えてみたいと思います。

子どもに前屈や後屈をしてもらうと、背骨の全てが少しずつ前屈なら丸まり、後屈なら少しずつ反っていきます。要するに背骨の全ての部位がちょっとずつ丸まったり反ったり回旋したりします。この状態が保たれていると、動くときにどこか一つの場所に負担が過度にかかるということはありません。

一方、腰痛持ちの大人の背骨の動きはどのように動いているのでしょうか?

よくあるケースが、前屈をすると頚椎や胸椎はほとんど動いてないのに、腰だけがかなり大きく丸まっているという状態です。特定の部分だけで屈曲や伸展をするケースが多いのです。

大人の前屈と子どもの前屈の比較

こういう状態の人は、日常のちょっとした動作をするときでさえ、そのよく動く特定の部分に負担をかけて生活しています。一部分を使って体を動かすことが癖になっているというわけです。

そうすると、重いものを持ったり、少し激しく動いたりといった、いつもより負荷の多い動作をするとその特定の部分にさらなる過負荷が集中してしまいます。これが場合によっては、ぎっくり腰や慢性の腰痛につながってしまうのです。

腰痛の根本原因と解決策「痛みを消し、再発を防ぐにはどうしたらいい?」

腰痛の根本原因は残念ながら明確になっていませんが、特定の部分に負荷が集中すると腰痛になりやすいということは間違いありません。

マッサージや投薬によって一時的に痛みが抑えたれたとしても、腰ばかりに負荷をかけてしまう体の動き方が改善されてはいないので、再び痛みがぶり返してしまうでしょう。これが腰痛がなかなか治らない理由です。

では、腰痛を根本的に解決させるにはどうすればいいのか?というと、体を本来の動かし方ができるような状態、つまり腰ばかりに頼るのではなく背骨の他の部分もまんべんなく利用して動く状態に戻してあげる必要があります。

ここであえて「戻す」という表現を使いました。
何故ならすべての人は子どものとき、背骨は全部動かす本来的な体の動かし方を自然と行っていたからです。

子どもの頃のように体全体を使って動作する状態に戻すことで、特定の部分に負荷がかからなくなり、痛みは消失し、再発がなくなります。

興味深いことに、例えばヘルニアの方を特定の部分へ負荷をかけない体の使い方に戻した結果、ヘルニアは治っていないのに、本人の痛みは消えたというケースもあります。

ということで、私たちが考える腰痛の根本原因は一言でいうと、「部分に負担がかかってるから」です。そのため、腰痛を根本的に改善したいという方は、「正しい体の動かし方に戻すことが大事」という点を抑えていただければと思います。

同様の内容を動画でも説明しているので、理解を深めたいと思う方はぜひご覧になってみてください。

また、BACK AGINGのLINE公式では、腰痛・肩こり改善にも効果的な連動性を高めるエクササイズ動画の配信も行っていますので、そちらもご覧ください。

友だち追加

share: facebook twitter google+ line
関連する記事
腰痛

2021年7月30日

腰痛の原因と対処法・治療の注意点|なぜ腰痛になるのか【動画で解説】

怪我全般

2021年7月17日

【ストレッチは意味ない!?】ストレッチが危険な3つの理由

おすすめの記事
腰痛

2021年7月30日

腰痛の原因と対処法・治療の注意点|なぜ腰痛になるのか【動画で解説】

肩こり

2021年7月26日

肩こりが治らないたった1つの理由

腰痛

2021年7月21日

腰痛が治らないたった1つの理由

ランキング

怪我しやすい人と怪我しにくい人の違い

【ストレッチは意味ない!?】ストレッチが危険な3つの理由

肩こりが治らないたった1つの理由

腰痛が治らないたった1つの理由

腰痛の原因と対処法・治療の注意点|なぜ腰痛になるのか【動画で解説】

WEBで予約する

LINE登録で無料相談

QRコード
LINEで相談
LINE
電話で予約
電話
WEBで予約
WEB