REGULATIONバックエイジング規約

HOME - バックエイジング規約

◆第1条(適用範囲)

  • 本規約は、株式会社ウィルフォワード(以下「当社」といいます)が運営する「BACK AGING」(以下「本治療院」といいます。)にて提供する「BACK AGING PROGRAM」(サービスの名称・内容が変更された場合の変更後の名称・内容も含みます。以下「BAP」といいます。)の利用に関し、利用者(以下「ユーザー」といいます)と、当社との間に適用されます。ユーザーは、BAPの利用にあたり、本規約に同意したものとみなされます。
  • BAPは複数の個別サービスで構成されます。一部の個別サービスの利用に際しては、本規約のほか、個別サービスごとに別途利用規約、治療院における掲示あるいは当社のウェブサイト上において、BAPの申込みおよび利用に関する条件(以下「個別規約等」といいます。)を掲載する場合があります。その場合は、個別規約等は本規約の一部として適用されます。

◆第2条(目的)

  • BAPは、本治療院が開発・提供するオンラインプログラム等を通して、連動性の向上、生活習慣の改善を図っていき、痛みが再発しづらい体を取り戻し、痛みによる制限から解放され、自由に動ける喜びを実感してもらうことを目的とします。
  • ユーザーはBAPが原則としてプログラムにそって毎日継続的なトレーニングを行うことでその効果を体感できるプログラムであることを理解し申し込むものとします。

◆第3条(連絡・通知)

  • 当社は、BAPに関連してユーザーに通知をする場合には、当社のウェブサイトに掲示する方法または登録されたユーザー指定の電子メールアドレス・住所に宛てて電子メールを送信する方法など、当社が適当と判断する方法で実施します。
  • 前項に定める方法により行われた通知は、通知がユーザーに到達したか否かにかかわらず、前者の場合には通知内容が当社のウェブサイトに掲示された時点に、後者の場合は当社が電子メール・文書を発信した時点で、それぞれその効力を生じるものとします。
  • BAPに関する問い合わせその他ユーザーから当社に対する連絡または通知は、当社の定める方法で行うものとします。

◆第4条(利用資格)
当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、ユーザーのBAPの利用を拒否することがあります。なお、当社が本条により利用を拒否した場合、当社はその理由について一切の開示義務を負いません。
⑴ 本規約に同意しない場合
⑵ 本規約に違反するおそれがあると当社が判断した場合
⑶ 未成年である場合で法定代理人の同意がない場合
⑷ 当社に提供した登録事項の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
⑸ ユーザーによるBAPの利用が、法令等その他公序良俗に反するおそれがある場合
⑹ BAPのプログラムにおける指導に応じない場合
⑺ 伝染病その他他人に伝染または感染するおそれのある疾病に罹患しているあるいはそのおそれのある場合
⑻ 妊娠されている場合
⑼ 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合
⑽ 登録申請者が過去に当社との契約に違反した者またはその関係者と当社が判断した場合
⑾ 登録申請者が過去に第8条に定める禁止行為を行ったことがある場合
⑿ その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

◆第5条(登録情報の変更)
ユーザーの登録事項に変更があった場合、ユーザーは当社に対し、当社の定める方法により当該変更事項を遅滞なく通知し、当社から要求された資料を提出するものとします。BAPを受けるにあたって当社が保有するユーザーの個人情報は、当社が別途定める個人情報保護方針に従って管理します。

◆第6条(利用料金等)

  • ユーザーは、当社が当社のウェブサイト上あるいは掲示等で表示によって提示するサービス料金、その他諸費用を、当社が当社のウェブサイト上あるいは掲示等で指定する支払方法にて支払うものとします。
  • ユーザーが支払ったサービス料金は、本規約に別段の定めがある場合を除き、返金されないものとします。
  • ユーザーが第1項のサービス料金その他諸費用の支払いを遅滞した場合、ユーザーは当社に対し、年14.6%(1年を365日とした計算)の割合による遅延損害金を支払うものとします。
  • BAPに付随するサービス(WEB通話による指導等)を利用するために必要となる通信費、および通信機器等は、ユーザーの負担と責任により準備するものとします。但し、ユーザーの使用する通信機器等において、当社のウェブサイト及びWEB通話等が正常に動作することを保証するものではありません。
  • 当社は、一旦納入した料金及び諸費用は、いかなる理由があろうとも返金いたしません。但し、第11条に定める中途解約、第14条に定める返金保証制度適用の場合は、この例外とします。

◆第7条(禁止事項)

  • ユーザーは、BAPの利用にあたり、次の各号に該当する行為をしてはなりません。
    (1)他の利用者や本治療院スタッフを誹謗、中傷する行為。
    (2)他の利用者や本治療院スタッフを殴打したり、身体を押したり、拘束する等の一切の暴力行為。
    (3)物を投げる、壊す、叩くなど、他の利用者や本治療院スタッフが恐怖を感じる危険な行為。
    (4)本治療院の器具・備品の損壊や備品を持ち出す行為。
    (5)他の利用者や本治療院スタッフを待ち伏せしたり、後をつけたり、みだりに話しかける等の行為。
    (6)正当な理由なく、面談、電話、その他の方法で本治療院スタッフを拘束する等の迷惑行為。
    (7)痴漢、のぞき、露出、唾を吐く等、法令や公序良俗に反する一切の行為。
    (8)刃物、火器、薬品など危険物を本治療院内へ持ち込む行為。
    (9)物品販売や営業行為、金銭の授受・貸借、勧誘行為、政治活動、署名活動等の行為。
    (10)高額な金銭、貴金属その他貴重品を本治療院へ持ち込む行為。
    (11)本治療院スタッフに対する、他社への就職あっせんや引き抜きの行為。
    (12)本治療院に関わるサービスプログラム(資料、映像含む)を許可なく外部に流出させる行為
    (13)本治療院に関わるサービスプログラムを許可なく録音、録画する行為
    (14)その他法令および公序良俗に反する一切の行為。
  • 当社は、ユーザーが前項各号のいずれかに該当したときは、当社の判断にてユーザーに何らの通知や催告をすることなく利用契約を解除、BAPの利用の停止(予約の取消を含む)等の措置を講じることができるものとします。この場合ユーザーが当社に対して支払った料金はその理由の如何を問わず返還されないものとします。
  • 当社は、前項に基づき当社が行った措置に基づきユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。
  • ◆第8条(権利等の帰属)

    • BAPに関する所有権及び著作権、商標権その他すべての知的財産権(予約システム、コンテンツ、ノウハウ、テキスト、イメージ画像、データ、映像、資料等を含みますがこれに限定されません。)は全て当社、あるいは当社にライセンスを許諾している者に帰属し、本規約に基づくBAPの利用許諾は、BAPに関する当社の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。
    • ユーザーは、いかなる理由によっても当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(複製、販売、出版、逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング等を含みますが、これに限定されません。)をしないものとします。

    ◆第9条(予約の変更・キャンセル)

    • ユーザーは、BAPの利用予約の変更又はキャンセルを希望する場合、当社が別途定める方法により変更又はキャンセル手続きをすることとします。
    • 前項の定めに従い、ユーザーが利用予約の変更又はキャンセル手続きを行った時は、利用予約の変更又はキャンセルは、当社に承諾した時点で有効となります。

    ◆第10条(期限の延長)
    ユーザーが、当社所定のBAPの期間内に規定回数のセッションを実施できないときは、当社所定の書面により期間外での代替セッションを行うことはできないものとします。

    ◆第11条(中途解約)
    当社は、法令の定めにより当社が責任を負担すべき場合を除いて、理由の如何を問わず返還いたしません。

    ◆第12条(除名等)
    当社は、ユーザーが次の各号に該当するときは、BAPの利用会員から除名することができます。除名されたユーザーは、以後、本治療院の利用が一切できません。
    ⑴ ユーザーがBAP上の取引によって生じた債務の支払いを怠った場合
    ⑵ 本規約の各条項に違反した場合
    ⑶ 当社に提供された登録情報に虚偽の事実があった場合
    ⑷ 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
    ⑸ 当社の問合せその他の回答を求める連絡に対して14日間以上応答がない場合あるいは直接セッションを3回以上無断でお休みされたとき。
    ⑹ BAPの利用に際して、過去にBAP利用停止又はアカウント削除等の措置を受けたことがある又は現在も受けている場合
    ⑺ 反社会的勢力等であるか、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等、反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与 を行っていると当社が判断した場合
    ⑻ BAPの運営・保守管理上必要であると当社が判断した場合
    ⑼ その他前各号に類する事由があると当社が判断した場合

    第13条(BAPの提供の停止・中断・終了)

    • 当社は、当社の判断によりBAPの全部又は一部の提供・運営を終了することができるものとします。当社は、当社の判断によりの全部又は一部の提供・運営を終了する場合、当社が適当と判断する方法でユーザーにその旨通知いたします。ただし、緊急の場合はユーザーへの通知を行わない場合があります。
    • 当社は、以下各号の事由が生じた場合には、ユーザーに事前に通知することなく、BAPの一部又は全部を一時的に中断することができるものとします。
      (1)BAP用のハード・ソフト・通信機器設備等に関わるメンテナンスや修理を定期的又は緊急に行う場合
      (2)アクセス過多、その他予期せぬ要因でシステムに負荷が集中した場合
      (3)当社のセキュリティを確保する必要が生じた場合
      (4)ハッキングその他の方法により当社の保有する情報が流出等した場合
      (5)電気通信事業者の役務が提供されない場合
      (6)天災等の不可抗力により BAPの提供が困難な場合
      (7)火災、停電、その他の不慮の事故又は戦争、紛争、動乱、暴動、労働争議等によりBAPの提供が困難な場合
      (8) 法令又はこれらに基づく措置により BAPの運営が不能となった場合
      (9)事業譲渡その他本治療院の運営事業の承継、本治療院の運営事業の撤退その他重大な事由により、閉鎖等がやむを得ないとき
      (10)その他前各号に準じ当社が必要と判断した場合
    • 当社は、本条に基づき当社が行った措置によりユーザーに生じた損害について、一切の責任を負いません。
    • ◆第14条(30日間全額返金保証制度)

      • ユーザーから30日間全額返金保証制度(以下「全額返金保証」といいます。)を適用した返金の申出があった場合、当社は、次の各項に従って、ユーザーに対して支払い済みの利用料金及び諸費用の全額を返還します。この場合、ユーザーはBAPを辞退したものとみなします。
      • 前項に定める返金の手続きは、当社所定の手段にて行うものとします。
      • ユーザーは、全額返金保証の申出を、BAP開始日から30日以内に手続きを行わなければならず、以降は申出はいずれも無効となります。
      • 本条に基づいて支払い済みの利用料金及び諸費用の返金を受けたユーザーは、今後本治療院のサービスを一切利用できません。
      • 前各項の規定に関わらず、当社が販売する物品(健康食品等を含みますがこれらに限りません。)及び当社が別途全額返金保証の対象外である旨の明示したサービスについては、本条に基づく全額返金保証は利用できません。
      • ◆第15条(利用料金の変更ならびに運営システム変更について)

        • 当社は、ユーザーが負担すべき利用料金その他諸費用について、当社が必要と判断したときは変更することができます。
        • 当社は、治療院運営システムを、当社が必要と判断したときは変更することができます。
        • 前二項の場合、当社は1ヶ月前までに、ユーザーにこれを告知します。

        ◆第16条(本規約等の改訂)

        • 当社はいつでも、ユーザーの事前の承諾を得ることなく、本規約の内容を変更することができます。
        • 当社が本規約の内容を変更し、その変更内容をユーザーに通知した場合、通知において指定された期日以降(ただし、通知において期日を指定しない場合には、当社が通知を発した当日を期日とします。)に、BAPを利用した場合、変更後の本規約に同意したものとみなし、変更後の本規約が適用されます。ユーザーが通知において指定された期日内に解約の手続きをとらなかった場合には、変更後の本規約に同意したものとみなされます。
        • 前前2項の規定にかかわらず、法令上、ユーザーの同意やあらかじめの通知等が必要となるような内容の変更の場合は、当社の所定の方法でユーザーの同意を得、またはあらかじめの通知等を行うものとします。

        ◆第17条(保証の否認)

        • 当社は、BAPがユーザーの望む特定の結果(効果)をもたらすこと、症状などの完治・有用性・完全性を有することについて、何ら保証するものではありません。
        • 当社のウェブサイトから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから当社のウェブサイトへのリンクが提供されている場合でも、当社は、当社のウェブサイト以外のウェブサイト及びそこから得られる情報に関して如何なる理由に基づいても一切の責任を負わないものとします。

        ◆第18条(不可抗力)

        • 当社は、通常講ずるべき対策では防止できないウィルス被害、ハッキング被害、停電被害、サーバ故障、回線障害、疫病、および天変地異による被害その他当社の責によらない不可抗力に基づく事由(以下「不可抗力」といいます。)による損害がユーザーに生じた場合でも、一切の責任を負わないものとします。
        • 当社は、不可抗力に起因してBAPにおいて管理または提供されるデータが消去・変更されないことを保証しません。

        ◆第19条(ユーザーと第三者との間の紛争)
        BAPの利用に関連して発生したユーザーと第三との間の紛争は、ユーザーが自己の費用および責任で解決するものとし、当社に何らの迷惑または損害を与えないものとします。ユーザーと第三者との間の紛争に関連して当社に損害が発生した場合、ユーザーは当社に発生した一切の損害(弁護士費用等を含む)を賠償するものとします。

        ◆第20条(紛争処理及び損害賠償)

        • ユーザーは自己の責任においてBAPを利用するものとし、当社は、本規約に違反したことによって生じたユーザーの損害(本治療院の利用中または諸施設の外で被った損害や怪我その他の事故に限りません)については、一切の責任を負いません。なお、本治療院は、第7条第10号でユーザーが高額な金銭、貴金属その他貴重品を治療院内に持ち込むことを禁止しております。ユーザーが金銭、貴金属その他貴重品の紛失、盗難の被害にあった場合、当社に故意または重過失がない限り、ユーザーの自己責任とし、当社は責任を負いません。
        • 遠隔によるBAPの指導を受けている間、ご自宅等におけるエクササイズによって周辺の家具や備品等を破損した場合についても、前項と同様に当社は一切の責任を負いません。
        • BAPに付随するサービス(WEB通話による指導等)を利用するために必要となる通信費、および通信機器等は、ユーザーの負担と責任により準備するものとし、通信機器等の異常等の結果、サービスを受けることができない場合でも当社は一切の責任を負いません。
        • ユーザーは、本規約に違反することにより、又はBAPの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対しその全ての損害(弁護士等専門家費用及び当社において対応に要した人件費相当額を含みます。)を賠償しなければなりません。
        • BAPの利用に関連してユーザーが被った損害について、当社が債務不履行責任又は不法行為責任を負う場合には、ユーザーに現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、これを賠償する責任を負うものとし、付随的損害、間接損害、特別損害(損害の発生を予見し又は予見し得た場合を含みます。)、将来の損害及び逸失利益にかかる損害を含まないものとし、過去3か月間に当社がユーザーから現実に受領したBAPの料金の金額の範囲内とします。

        ◆第21条(顧客情報の取扱い)

        • 当社は、保有するユーザーにかかる利用者情報(個人情報保護法に定義する個人情報のほか、ユーザーがBAPの利用を申し込む時に当社に提供する情報、サービス利用者によるログ情報、BAPのシステムやデータベースに保存、蓄積される情報等をいいます)については、個人情報保護方針に基づいて適正に取り扱うものとし、ユーザーはこれに十分に理解した上で、同意するものとします。
        • 当社は、当社およびBAPに蓄積された顧客情報のデータを、送信元の個人や当社、及び受信したユーザーの個人情報を特定できない形で集計、解析し、統計データや分析レポートとして活用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他のあらゆる活用を含みます。)することができるものとします。

        ◆第22条(サービス利用上の地位の譲渡等)

        • ユーザーは、書面による事前の承諾なく、本規約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
        • 当社がBAPにかかる事業を第三者に譲渡した場合、当社は、当該事業譲渡に伴い、本規約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに当社の保有するユーザーに関する情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項によって予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、当社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

        ◆第23条(分離可能性)

        • 本規約のいずれかの条項又はその一部が、法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有し、ユーザー及び当社は、当該無効若しくは執行不能の条項又は部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。
        • 本規約のいずれかの条項又はその一部が、あるユーザーとの関係で無効又は執行不能と判断された場合であっても、他のユーザーとの関係における有効性等には影響を及ぼさないものとします。

        ◆第24条(準拠法及び管轄裁判所)

        • 本規約の準拠法は日本法とします。
        • 本規約に起因しまたは関連する一切の紛争については、訴額に応じ、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

        ◆第25条(反社会的勢力の排除)

        • ユーザーは、現在、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」という。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
          ⑴ 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
          ⑵ 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
          ⑶ 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
          ⑷ 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
          ⑸ 役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
        • ユーザーは、自ら又は第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約します。
          ⑴ 暴力的な要求行為
          ⑵ 法的な責任を超えた不当な要求行為
          ⑶ 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
          ⑷ 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為
          ⑸ その他前各号に準ずる行為
        • ユーザーが、暴力団員等若しくは第1項各号のいずれかに該当し、若しくは前項各号のいずれかに該当する行為をし、又は第1項の規定に基づく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、当社はすべての予約を取り消すとともに、ユーザーに対して提供する全てのサービスの利用を中止させることができるものとします。
        • 前項の規定の適用により、ユーザーに損害が生じた場合にも、当社は責任を負わないものとします。また、当社に損害が生じたときは、ユーザーはその責任を負うものとします。

        ◆第26条(協議解決)
        ユーザー及び当社は、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

        改訂日:2022.04.08
        BACK AGING(バックエイジング)
        TEL:03-6457-5475
        受付時間 11:00~18:00(土・日・祝・年末年始を除く)

WEBで予約する

LINE登録で無料相談

QRコード
LINEで相談
LINE
電話で予約
電話
WEBで予約
WEB