連動性療法及び連動性トレーニングのメソッド

BACK AGING(バックエイジング)の連動性療法メソッド

BACK AGING(バックエイジング)の独自メソッドである連動性療法は
「人間の体はもともと柔らかい」という前提で始まった研究から生まれました。

幼少期の子どもの動きを観察していると、非常に柔らかくて柔軟性の高い動きをしていることがわかります。

しかし、この柔らかさは、一般的に柔軟性があると言われる大人の柔らかさとは別のものであるということに気がつきます。

私たちは柔軟性を特定の関節の可動域と認識しがちですが、子どもの柔軟性はそれとは少し異なります。

子どもは体全体の筋肉や関節が連動して、無理のないしなやかな動きをしているのです。

本来の体の使い方とは?

下の写真を比較すると…

大人

大人は膝をピンと伸ばして、ハムストリングス(太ももの裏側)を伸ばして前屈をしています。

子ども

子どもは膝を曲げた方が当然楽なので、子供は無意識にそうします。

子供の前屈は、首・肩・背中・腰・股関節・膝・足首の全てが前屈運動に参加し、結果的に動きが柔らかく見えているのです。

私たちは大人になると筋力が増し、全身の筋力を使わなくても体を動かせるようになります。しかし、小さい子供や野生動物がそうであるように、全身の筋力がうまく使われた方が負担が分散されるため疲れにくく、また怪我をしにくいということがわかっています。

日々の仕事、家事、育児など日常生活や運動の場面で、体の使い方が不適切であっても、その場ではさほど問題は現れませんが、誤った体の使い方をし続けることにより、体は誤った動きが通常の動き方であると認識してしまい、いつの間にか全身を連動させた動きができなくなってしまいます。

バックエイジングの「連動性療法/連動性トレーニング」は、「全身の連動性」という観点で、全身の出力を調整して、正しい筋の使い方に戻していきます。痛みを取るだけでなく、根本からの体質改善、疲れにくく怪我のしにくい体に若返ることを目指していきます。

連動性療法の考え方

① 全ての動作は部分ではなく「全身」からなる

例えば、「しゃがむ動作」は、下半身3つの関節(股関節、膝関節、足関節)と、その周辺の筋肉に着目して動作分析をするのが一般的です。

しかし、連動性療法においては、「しゃがむ動作」において、全身の関節(手指関節、手関節、肘関節、肩関節、胸椎上部、胸椎下部、腰椎上部、腰椎下部、股関節、膝関節、足関節、足趾関節)と、全身の筋肉に着目して動作分析を行います。

さらに言えば、単関節運動として考えられがちな手足の関節、手関節・足関節、肘関節・膝関節などの動作に関しても、連動性療法では全身を使った動作として考えます。

② 筋肉は収縮がメイン

筋肉には、大きく分けて「収縮(縮む)」と「伸張(伸びる)」の二つの機能がありますが、連動性療法においては、収縮を優位的に捉えています。

なぜならば、筋肉には主として収縮機能しかなく、伸張するのは拮抗側の筋肉が収縮する際の受動的反応だからです。

「前屈」という動作を例にすると、一般的に『私は前屈が硬い』と言ったら、ハムストリングスや腓腹筋など、背面部の筋肉の伸張の硬さが原因であると考えがちですが、連動性療法において前屈が硬いとは、腹直筋や大腿四頭筋、前脛骨筋などの前面部の筋肉の収縮作用が消失・減退していると捉えます。

③ 収縮する筋肉は移り変わっていく

ある動作によって収縮する筋肉は、関節角度によって特定の方向性をもって移動していくと考えられます。

例えば、「アームカール」という有名な筋力トレーニングがありますが、多くの書籍によってアームカールは「上腕二頭筋の収縮を目的とするトレーニング」として紹介されています。

本来、上腕二頭筋の収縮が主となるのは、肘の屈曲角度が一定の角度を通過する時のみとなります。

しかし、連動性療法では、アームカール(すなわち、肘の屈曲動作)は、肘の屈曲角度によって収縮する筋肉が移り変わっていくと捉えており、これを「筋収縮のリレー」と呼んでいます。

具体的には、「手先→前腕→上腕→体幹上部→体幹下部→大腿→下腿→足先」の順で行われると考えており、簡略化すれば、「手→背骨→足」という順になります。

連動性の高い人が特別なフォームを意識せずにアームカールを行えば、肘の屈曲角度に応じて、「拳を握る→手首を曲げる→肘が曲がる→胸椎上部が伸展する」というように、肘以外の関節も、「手→背骨→足」の順に応じて動いていくと考えられます。

④ 背骨は関節の集合体

背骨とは24個の椎骨が積み重なった「関節の集合体」であり、「手→背骨→足」の順で行われる筋収縮のリレーの中間点であり、手によって動かされ、足を動かすために反応するという機能を持ちます。

従って、一つ一つの動作可動域は広くはないものの、全てが屈曲・伸展・側屈・回旋の機能を携えています。

低年齢の子供やトップアスリートのように、連動性が高く、背骨の関節一つ一つが連動して動く人であれば、前屈では、背骨が丸みを帯びた屈曲アーチを描きますし、また後屈では滑らかな伸展アーチを描くことが確認できます。

連動性療法/連動性トレーニングを体感したお客様の声

Tomotaro Murata
Tomotaro Murata
2024-05-28
右ひざの痛みと左ひざ半月板手術で約3年、リハビリランもなかなか軌道に乗れず、もうマラソン復帰は無理かと思っていた中でBackAgingさん、連動性に出会い、身体の使い方によって、痛みを感じない、パフォーマンスを取り戻せることに感激しました。 おかげで昨年の秋に4年ぶりくらいにマラソン復帰、今年の1月にはもう少しで3時間30分まで戻せ、まだまだやれる、サブ3いける!と復帰に燃えています。 連動性は定着が大事と思っており、ビデオで自分にあったプログラムを動画で提供してくださったり、やっている様子を動画で共有することでフィードバックいただくなどのフォローがありがたいです。 わだちゃんも膝の手術を3回もしている中でパフォーマンスを発揮していることでやれる気持ちもいただいています。
田中智子
田中智子
2024-05-23
昨年のWユッキー&はまっきーのRUNイベントで連動性トレーニングを初めて知りました。 トレーナーの和田ちゃんの3回の膝の手術をしても連動性トレーニングをして走り続け、挑戦する姿に感銘を受けていました。 トレーナーのはまっきーも1500m4分ギリに挑戦中!トラックからフルマラソンまで走れるスーパーマンです。 トレーナーお2人の活動からパワーをもらっています。 今年、2月中旬に右大腿後面の違和感や痛みがでてきて、トレーナーのはまっきーのすすめで3月からお世話になる事になりました。 月に一度のトレーニングとなりますが、今現在の自身の気になる箇所にフォーカスを当ててくれるので一方通行のトレーニングではなく、対話をしながら解決策を見出してくれます。ゴールを見据えたトレーニングです。 毎回発見も多く施術、トレーニングが終了すると体が連動し眠っていた筋肉達が本来の動きをはじめスムーズに体が動く事を体感できます。トレーニング前後は体の動きを動画として提示してくれるので現在の問題点、施術によって改善した点がわかりやすいのも良いです。 宿題の自身に合わせたトレーニング方法も動画として提供してくれるので何度も見直して確認する事ができ助かっています。 ぜひ不連動性→連動性を体感してください!
小林朋子
小林朋子
2024-05-23
ピザが痛くて歩けない、整形外科で電気当てても痛くて引きずっていた状態でした。が、先生に宿題で出たわずかな動きを毎日、3週間ほど続けたら、今は軽く動けるようになりました!自分でも驚くほど、体が軽く動けるようになりました!
滝好行
滝好行
2024-04-13
マンションからめちゃ近いので行ってみました。 特に治したい部位がある訳ではありませんが いつまで波乗りができる様に可動域を上げたいと思い会員になりました。 今まで経験をした事がない施術ですが、理論を聞けばなるほどと理解して継続して毎日宿題をやると生活している中で全体的に可動域が上がっている事が実感できました。 そんな方にも良いと思いますよ。
稲葉幸子
稲葉幸子
2024-03-16
普段運動が忙しくてできないけど、ここにくると良くなる!病院は苦手だが、藁にもすがる思いで頼る事ができて安心して通っています!痛みも改善してます!
minako sato
minako sato
2024-03-14
月2回通っています。過去に整形外科等に通院しましたが、できれば毎日通うようにと勤労者にとっては初めから無理な指示で整形外科疾患に関しての治療は諦めていました。 ここはワークショップで目から鱗の体験をしたことで通うようになりました。長く続いていた肘の激痛と可動制限をあっという間に治してくれました。現在、変形性膝関節症の痛みの発作を速やかに自力で抑えられるのも、毎日通わないでも自宅や仕事場でちょっとした空き時間にできるエクササイズのおかげです。運動不足・飽き性の私が継続していける内容と価値を強く体感しています。
新井真砂子
新井真砂子
2024-03-08
何年も痛みがあったおしりが、痛くなくなくってきました。 少しずつ変化していく感じがあります
滝雄二
滝雄二
2024-03-05
毎回行くたびに自分の身体のアップデートを してもらってます。 テニスのパフォーマンスアップ 疲れにくい身体を毎回期待を超える結果をもらってます。
細井雄一
細井雄一
2024-03-02
SUPサーフィンでやや腰痛が悪化したのを、鎌倉のスタジオでSUPのフォームの癖を診てもらった。動画で自分の体幹がブレブレなのを把握。 肩腕の使い方、さらに腹筋の使い方で体幹を安定させる事を習った。 とても役立ちそうで、次のSUPが楽しみ😊です。
Nurseryrhyme A.A
Nurseryrhyme A.A
2024-02-28
出産後、抱っこや授乳などの影響で肩こり・首の痛み・手首の痛みなど悩んでいました。 最初の連動性検査では細かい動きのチェックがあり、痛みの根本原因となる部分を分析して頂き感動!トレーニングは激しいものではないので産後でも無理なく取り組めました。そして毎回、自分でも分かるほど体の動きが変わり驚いています。 自分でもできる的確なトレーニングを教えてもらえるので、「痛くなったら和らげてもらう」ではなく、「痛くなることを自分で防ぐ」ことができているなと感じました。 大きな痛みはなくても体のちょっとした不具合や違和感を無視せず、定期的に通いながら健康に過ごせるようにしていきたいです!

疲れにくく、怪我のしにくい体に若返る
慢性的な痛みや不調を根本改善するなら

パーソナルトレーニング/治療院 連動性療法のバックエイジング

痛みのある部位だけではなく、痛みのある動きに影響を与えている関連している全身の関節の動きにも着目し、正しい筋の使い方に戻していきます。全身の連動性を高めるため、結果的に痛みを取り除くだけではなく、疲れにくく、怪我のしにくい体に若返らせることを目指しています。